FC2ブログ
Beautiful Spring
子育て・家作り・ペット日記

図面&見積り、改訂?!

前回、「腹立ち」というお題で、沸々と沸いていたママですが
またしても!!
この土日はパパが仕事で打ち合わせが出来ないので、
でももう時間に余裕がないので、
11日(土)に、これまで削除した分を反映した新図面&見積りを届けてくれるはずだった。
予想通り土曜には間に合わず、12日(日)の晩に提出。
説明が要るからと、我が家でちょっと打ち合わせも。


この時は図面の説明中心に聞く。
このプランなら行けるというひとつの提案だと。
ものの見事に、今までこだわってきた要素たちが省かれていた。
「家の広さをそのままに」を優先してくれたらしく・・
ロフトの残りひとつも消えていた。
今まで図面にはっきり書かれていた1,2Fの蓄熱ストーブに関しても
実は初めから予算には入れていないと今になって言い、
「将来用」と初めて記されている。
ロフト2つとストーブその2つに関しては、ずっと図面にあって
本当にプランとして入っているのか気になったので
設計士に確認をしたくらいだった。
「入ってますよ」とのことだった。
全く嘘の図面ではないか!


「しっかし、なんでもかんでも取り過ぎやなぁ・・」と
Wさんと設計士Kさんの前で、怒りぼやくママ。
前回の時点で、「値引きと合わせてなんとか行けそうだ」と言っていたのも嘘やん。
そう言っていた前回の図面からいろいろなものがなくなっているんだもん、おかし過ぎる。
広さを縮小案、屋根瓦のグレードダウン案、屋根の勾配低くする案などが
この場で出て、それぞれいくらくらい削減可能かを工務に確認するそうだ。
ストーブみたいに、図面にあるけど最初から予算に入れてない・・というようないい加減がちらほらある。
その晩から、見積り&図面チェック。
見積りを見ていたら・・、新たにメキメキと怒りがこみ上げて来た。
大工手間とか細かな所なんか、素人にはどういう計算になっているのかわからない。でも、窓とか図面と照らし合わせてわかる項目もある。
そんなわかりやすい所でさえ、間違いがぽろぽろぽろぽろ・・と。
削減したのだから、減るだろう所もそのままのようだし。
正当性に欠ける見積りだった。
家作りって大抵どんぶり勘定なのはわかるけど、
真剣にチェックして打ち出されたものではないと思える。
堪忍袋の緒が切れた。
スポンサーサイト

テーマ:マイホーム - ジャンル:結婚・家庭生活

【2006/11/12 23:46】 | 建てれる? | コメント(0)
<<ボーネルンド | Home | シャンデリア☆>>

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

FC2ブックマークに追加

最近の記事+コメント

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

amazon

プロフィール

*FC2版*
かなりゆっくりと過去のことを記録してる写真日記。コメント歓迎♪ 「◆つづきを読む」も見逃さず見てね!
・・・<家作り>・・・・・・・・・・・・・・・
いろいろな悪戦苦闘をママ主観で記録。07年4月末入居。入居前からのチェック項目たくさん残ったまま放置~1年後ようやくメンテ開始。1年放置でメンテ再開の繰り返し(09年)。
・・・<みょん>・・・・・・・・・・・・・・・
我が家の長男:うさぎ。不正咬合歴6年目、2006年8月25日お月様へ。6歳3ヶ月でした。。
・・・<ディアン>・・・・・・・・・・・・・・・
次男:ハムスター 2010年2月9日生まれ ゴールデン長毛 4月地下型巣箱付生活開始♪手乗りを通り越して肩乗り頭乗り。
・・・<みなみ>・・・・・・・・・・・・・・・
ポケモン大好きおてんば娘、7歳、小学二年生♪going my way!
習い事:ECC・ヒップホップダンス
・・・<わたし>・・・・・・・・・・・・・・・
夜行性のママ。ぐーたら主婦。時折熱中ブームが来るおおざっぱな凝り性。母子共に物作りが好きです♪
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

aiko

Author:aiko
7歳の娘・ハム・家のこと、趣味など・・写真日記。とってもトロトロとひそかに更新中

☆昔の日記 memory
旧 Beautiful Spring

カテゴリ

月別アーカイブ

SELECT: プルダウンで選択 LIST: 全部表示

おいしい♪神戸





LINK

*********


フルーツショッピング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メッセージ

名前:
メール:
件名:
本文: